2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.295

お待たせしました~
退院編パート4です。

シリアス真っ盛りですので、
重い話が苦手な方はスルーして下さいまし。




爆弾投下をしまくって帰ったお義母さん。

ろくさんが往復2時間以上かけてお義母さんを送迎中、
ななちゃんが大泣きし始めます。

くっさい煙草の煙まき散らし(ちなみに帰る前にも吸っていきました♪無神経にもほどがあるわw)
あれだけ大声で騒がれたら
そりゃあ起きるっつーのヽ(#`_つ´)ノ


何をしても泣き止まないななちゃんを抱っこしながら、
気づいたら私も泣いてました(´;ω;`)

二人で泣きながら(笑)
家中の窓を開けて換気し(2月の真冬)
くっさい匂いがこびりついた家中のタオル・衣服ぜーんぶ洗濯機に放り込みました★
(なんと、トイレの中までくさかった!新生児のいる家で、どんだけタバコ吸ったんだYO!)

そしてタバコの灰が無数に落ちてる台所を全部掃除して、
哺乳瓶を消毒しなおして、
吸殻を集めて、
ゴミ袋二重にして玄関に放置。

帰ってきたら、ろくさんにゴミ捨てをやってもらおうと思ったので、あえてそのまま放置(笑)

掃除し終わっても涙が止まらず・・・。

退院日に、新生児抱えて大掃除したよ私。
この先、どうなるの・・・。


怒りというより、
不安で不安でたまらなくて。

こんなに心細い状態なのに、
この家に私とななちゃんだけ残して、
なんでお義母さんを送って行ったの!?
って、ろくさんを呪ったくらい不安でいっぱいでした(;д;)
(冷静になればろくさんは悪くないんだけど、この時の私は思考回路がゾンビ状態でした)

ろくさんが帰宅するまでもう耐えられない・・・と思ったときに実母からラインが入りました。

「退院おめでとう。夜になって少しは落ち着いた?本当は電話しようと思ったけど、
ろくさんとななちゃんと初めて過ごす日だから止めておくね。身体はどうですか?疲れたと思うから休めるときに休んでね」


。゚(゚´Д`゚)゚。
母はやはり偉大だった。



ラインを読んで号泣(T_T)
すぐに電話しちゃいました。

「お母さんあのね、
なんかもう、色々嫌になっちゃった・・・」


今日あったことを泣きながら話して
不安でたまらないと打ち明けると、

「ろくさん帰ってくるまで電話切らないでゆっくり話そう」
と言ってくれて、冷静に今の課題と解決策を提案してくれました。

課題①お義母さんのタバコ問題
→解決策:ろくさんに注意してもらう(私から直接は言わない)産院で習った「乳児突然死」の事例を見せる等して、家では絶対に吸わないことを約束してもらう。

課題②お義母さんの宇宙人行動
→解決策:これは絶対に許せないというものだけ、ろくさんに注意してもらう。それ以外はスルー、右から左に~

そして、最後に私にこうアドバイスしてくれました。

「どんな人でも、ろくさんにとっては血のつながった大切なお母さんなんだから
感情的になって、ろくさんにお義母さんのことを悪く言い過ぎることのないように。
愚痴はお母さんがいくらでも聞くから、ろくさんには言うのは、絶対許せない行動だけにしなさい。」


このアドバイスは今でも守ってます。
どんな人でも母は母。

ろくさん口では
お義母さんのこと嫌がってるし、
非常識な行動に口うるさく注意してるけど、
やっぱり母は母だから。
そこは妻として、嫁としてわきまえないといけないかなと。


そんなこんなで、
実母と電話しているうちにろくさんが帰宅。

冷静に、冷静にと思いながら
ろくさんに煙草の吸殻を集めたごみ袋を見せました。

9「これ、どういうことか分かる?」

6「???ごめん、よく分からない」

(なんで分からねーんだよ!と若干いらつきながら)
9「お義母さん、新生児がいる家で普通に煙草吸って、ゴミも片づけずに帰っていったよ。どう思う?
そもそも人の家で、許可もなく勝手に煙草吸うこと自体おかしくないかな?」

6「ごめん、全然気づかなかった・・・。」

9「は!?なんで!?(きゅー怒りモード)あれだけ煙充満してて、くさくて、私具合悪くなったよ。
だからお義母さん帰った後、すぐに換気して、家中の物洗濯に出したし。」

6「本当にごめん・・・俺、たぶん分からなくなってる。そういうのが普通の家庭で育ったから。(※退院編パート2補足参照
でも、家ではそれを普通にしたくない。だからちゃんと母さんに言うわ。
家では煙草は二度と吸わないって、約束させる。嫌な思いさせてごめんね。」

9「うん、お願いそうして。私も本当に具合悪くなったし、ななちゃんが何より心配。」


そして、一件落着・・・・・・




しませんでした★


なんと、なんと!!
お義母さんから、ろくさんにメールが。


「届けたいものがあるから、またすぐ行きます」


(#^ω^)ビキビキ

どこまで無神経なんじゃい。



帰ってもなお爆弾投下し続けるお義母さんに
きゅーはついにキレます。




退院編パート5へ続く~
次回で終わるかな?(°_°)




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【男性は】
大抵の方が自身の母を悪く言わない、親のダメなとこに気付かない・気付きにくいみたいですよ。
うちの父も旦那の父も、うちの旦那も同じでした。例の顔合わせ時も、旦那は、当時、悪気あって言ってるわけじゃないから。。と、親をフォロー。(苦笑)
私、勿論イラッとしました。
私ら夫婦は始めは旦那実家で同居2年くらい、転勤で1年二人暮らし、私の実家で3年くらい同居、2年前くらいから今のとこで二人暮らししてます。両家で同居を経験し、旦那も両方の親見て少しずつわかってくれだしました。私は、自身の親と暮らしててもしんどくなっちゃって、今、たまに連絡取り合う程度が一番気が楽です。
【乃空さんへ】
こんにちは!

> 大抵の方が自身の母を悪く言わない、親のダメなとこに気付かない・気付きにくいみたいですよ。
私もそう思います。
ろくさんは、それに気付いて直そうとしてくれたり、注意してくれるので(言い過ぎてお義母さんと喧嘩になることもしばしば)
すごく助かっています。
ろくさんのフォローがなかったら、産後、本当に追い詰められてたと思います。

お互い育った環境が違うわけだから、
結婚も育児もお互いに「妥協」が大事だなと感じてます。

コメントありがとう御座いました!!

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。